S邸 居間&キッチン 可動間仕切り化

Posted by admin on 6月 15, 2011 with No Comments
in 未分類

改造後 フルオープン化され 開放的な空間 約20帖

風通しもよく 明るくなったのですが 不意のお客様や

冷暖房のことも考え このような設計の場合

いつも林工務店が提案しているのが ” 可動間仕切り ”

センスもよく 一部を開ける 全閉 全開 右寄せ 左寄せ等

が 出来大変便利です。

S邸 居間 天窓

Posted by admin on 6月 13, 2011 with No Comments
in 未分類

現況の南面の9尺掃き出しを 耐震補強のため

6尺掃き出しに変更したと前ブログに書きました。

そして西面にあった9尺の半窓を撤去して 

壁面収納を作成しました。(こちらは またブログで説明します。)

そのようにしたので 明るさが採れなくなったため

林工務店の大好きな ” 天窓 ”を取り付けました。

その効果 絶大 です。

S邸 居間&キッチン 間仕切り 撤去

Posted by admin on 6月 10, 2011 with No Comments
in 未分類

現代風の 居間&キッチンにするため 

壁を壊して 柱を6本抜き 桁を2本入れ補強しました。

手間のかかる作業ですが 妥協をしないで工事を進めていきます。

ちなみに 耐震・強度計算してあるので ” 安心・安全 ”です。

s邸 居間

Posted by admin on 6月 8, 2011 with No Comments
in 未分類

現況の居間の気になるところ

・キッチンと居間の間に壁がある (狭い・通気が悪い・暗い)

間仕切りの壁を取り除く所から始めました。

S邸 廊下3尺 物入れ

Posted by admin on 6月 6, 2011 with No Comments
in 未分類

今まで 廊下には物入れがなかっため 

提案して製作しました。 奥行き40センチの ” 造り付けの棚 ”

その棚には トイレットペーパー・洗剤・石鹸・贈答品等を置き

棚の前には 掃除機・モップ・バケツ等を 置いて使っていただいています。

トイレ・脱衣場・お風呂場のすぐ近くにある ” 機能的な収納は 宝 ”

になると思います。

S邸 トイレ ビフォーアフター

Posted by admin on 5月 25, 2011 with No Comments
in 未分類

◎前のトイレの気になるところ (男・女 別で0.75坪)

・せまい ・介護では使いずらい ・暗い ・掃除がしずらい

◎今回の改善点 (増築後 1.25坪)

・車椅子でもOK ・広い ・掃除がしやすい ・衛生的 

・明るい ・手洗い&収納付き ・小便器がセンサー式

次世代 トイレを提案しました。

S邸 お風呂場 ビフォーアフター

Posted by admin on 5月 23, 2011 with No Comments
in 未分類

◎前のお風呂場の気になるところ (0.75坪)

・暗い ・風呂桶が小さい ・洗い場が狭い ・寒い 等

◎今回の改善点 (1坪)

・タイル張りからユニットバス化 (断熱材がいいので暖かい)

・増築して1坪へ (洗い場・風呂桶が広い)

・天井はドーム・LED照明 (明るく 開放感がある)

・5・5インチ ワンセグTV (チョーおススメ)

お風呂場の土台・柱の一部が 腐ってなくなっていたため

土台・柱を交換し 筋交補強をしました。

大体この当時のお風呂・脱衣場は 腐っています。

s邸 脱衣場 ビフォーアフター

Posted by admin on 5月 20, 2011 with No Comments
in 未分類

現況は0.75坪 狭く・暗く・寒い脱衣場を

増築して1坪にして 窓を床から2mのジャロジーにして 明るさ 換気にこだわりました。

洗剤を置く棚・タンス等 ”造り付け家具”を作成しました。

耐震補強

Posted by admin on 5月 18, 2011 with No Comments
in 未分類

この前の つづき

耐震基礎の上に120角の土台をのせ 上には桁を補強 柱 間柱 W筋交

家の中心部に耐震・体力壁が出来たため かなりの耐震性がUPしました。 

耐震基礎

Posted by admin on 5月 16, 2011 with No Comments
in 未分類

S邸は 和室8帖+和室8帖、 L型縁側、という  ”豪華な田舎造り”

& ” おきまりの ” 掃き出しサッシ・筋交い・壁なし

という耐震性のない設計で その上 2階が のっているという

危険な家なので 床を壊し 耐震基礎を 新たに作成しました。